トップページ > 高齢化した町を出て長野から東京

高齢化した町を出て長野から東京

長野から東京に来たきっかけは何だったのでしょうか?

言い方が悪いですが、はっきり言ってしまえば将来が不安になったからです。私が働いていたのは、既に過疎が始まっていた小さな町の調剤薬局で訪れる方の大半がご老人ばかりでした。
このままここで過ごしていても薬剤師として成長できませんし、給料が変わらないことも明らかだったので、東京に出てくる事を決めたのです。

地方ではどのような業務内容でしたか?

普通の調剤業務と一般医薬品の販売です。人手がなかったので、在庫管理やレジ打ちも業務に含まれていましたね。ただ、出す処方箋も売れる商品も高齢者向けの商品ばかりでしたので、やることは単純です。クスリの単価も殆ど覚えてしまいましたよ。

東京での仕事はいかがでしょうか?

客層が本当にバラバラなので驚いています。患者さんが多いのは分かっていましたが、老若男女問わず本当に色々な患者さんが来るのです。その分、扱う薬や分量がバラバラで、今までは小児向けの薬剤なんて滅多に扱うことがなかったので大変です。
店に置いてある薬の種類や数も全然違いますし、何より新しい薬が次々に入ってくるので覚えるのが大変です。今まで自分がどれくらい時代遅れの環境にいたのかを自覚しました。

今の仕事で楽しい事はなんですか?

仕事で楽しいというか、同年代の薬剤師が増えたことが嬉しかったです。同じ店舗の薬剤師以外にも薬剤師同士の横の繋がりが出来ましたし、入ってくる情報量が段違いです。 あの薬局が忙しい、あの薬剤師が良い所に転職した、なんて話をすることなんて今までなかったですから。

休日の過ごし方は?

最近は資格の勉強をしている事が増えました。今まで自分が本当に勉強してこなかったというのを東京に来て自覚したので、薬剤師資格を取ったからと言って慢心しないようにしたいです。

将来はどのような方向に進みたいですか?

できれば、病院の薬剤師になりたいと考えています。調剤薬局から病院薬剤師に転職するのは難しいと思って諦めていたのですが、周りの薬剤師に話を聞いてみると結構そういう方もいるようなので、勉強してチャレンジしてみようかと思っています。

実際に就職した仕事求人案件

正社員給与 270,000円(新卒)~
募集 薬剤師(常勤)
業務内容 調剤・OTC業務
最寄り駅 京浜急行「青物横丁駅」より徒歩6分
業種 調剤薬局
業務内容 調剤事務
処方箋 内科、小児科
営業時間 月水金:9:00~18:00 
火木: 9:00~18:30 
土曜:10:00~17:00
日曜:休み
残業 残業手当:有り

今回、利用した転職サイトはこちら。


薬剤師転職navi

→薬剤師転職navi

https://www.pha-navi.net/



MENU

おすすめ求人サイト